AWARDS

新千歳空港国際アニメーション映画祭2014のコンペティション作品としてノミネートされた45作品のなかから、3人の国際審査委員による厳正な審査を行い各賞を決定いたしました。

グランプリ  Grand Prix

コンペティション作品としてノミネートされた45作品のなかから新千歳空港国際アニメーション映画祭の記念すべき第一回目のグランプリに選ばれたのは…

ジーゲノート

監督:Tomasz Popakul
制作国 :
制作年 :2013

授賞理由

思春期の神秘と不安を、力強く、そして繊細に描き出しました。

国内グランプリ  Japan Grand Prix

国内グランプリは、当映画祭の開催国である日本のアニメーション作家が世界に大きく羽ばたくことができるよう、コンペティション上映の作品のなかから、日本人作家の作品を対象に、総合的に最も優れた作品に贈られます。

パラダイス

監督:ひらの りょう
制作国 :
制作年 :2014

  
授賞理由

多層にわたる混沌とした物語を語るこの作品は、さまざまなアニメーション・テクニックを卓越したかたちで混ぜ合わせることで、この必ずしも愉快なものではない世界を、なんとかして、愛すべきものとして描き出そうとしています。

新人賞  New Filmmaker's Award

新人賞は、教育機関で作られた学生作品、または卒業後初めて作られた作品、さらに、教育機関の在籍に関わらず初めて作られた作品を対象として選ばれます。

アナザー

監督:Sean Buckelew
制作国 :
制作年 :2012

  
授賞理由

喪失と悲しみがもたらす非論理的なリアリティーを描いた、神秘的で、有無を言わさぬ力を持ち、そしてきわめて成熟した作品です。

観光庁長官賞  Japan Tourism Agency Commissioner Award

観光庁長官賞は、家族向けの作品として最も優れた作品に授与されます。ファミリープログラムだけでなく、コンペティションすべての作品が対象となります。

WONDER

監督:水江 未来
制作国 :
制作年 :2014

  
授賞理由

この作品は、世代を超えて楽しさと喜びを与える映画であり、同時に、抽象アニメーションの「驚異・驚き」も感じさせます。

外務大臣賞  Minister for Foreign Affairsr Award

コンペティション入選作品のなかから、社会的トピックや異文化への視点を扱った作品で最も優れた作品に授与されます。」

ひとりぼっちのヒーロー

監督:若井 麻奈美
制作国 :
制作年 :2014

  
授賞理由

外務大臣賞は、子供時代の孤独、想像力、そして希望を見事に捉えた作品に授与されます。

スペシャル メンション  Special Mention

残念ながら授賞とはなりませんでしたが、審査会議において大きく話題にのぼりました作品を「スペシャル メンション」として選定いたしました。

アダ+オットー

監督:Ülo Pikkov
制作国 :
制作年 :2013

  
授賞理由

SEの見事なシンクロ、音響パートの卓越したチームワークを高く評価しました。


ザ オブヴィオス チャイルド

監督:Stephen Irwin
制作国 :
制作年 :2014

  
授賞理由

この映画は、傷つき、そして血を流しています。壊れたものの人生、壊れてしまったものの物語がもつ強烈な感情が、観客を巻き込み、そして目を離させません。


USALULLABY

監督:池 亜佐美
制作国 :
制作年 :2013

  
授賞理由

眠りというものが持ちうる潜在的な静けさ――これはまさに騒がしい映画祭という場においてみなが必要としているものですが――、それについて語る、催眠的で、そして優しい作品です。

観客賞  Audience Award

アナザー

監督:Sean Buckelew
制作国 :
制作年 :2012

  
授賞理由

喪失と悲しみがもたらす非論理的なリアリティーを描いた、神秘的で、有無を言わさぬ力を持ち、そしてきわめて成熟した作品です。

キッズ賞  Kids Award

パニック イン ザ ヴィレッジ 〜ザ クリスマス ログ〜

監督:Stéphane Aubier, Vincent Patar
制作国 :
制作年 :2014

  
授賞理由

カウボーイとインディアンは、サンタからのプレゼントをゲットするためにアイディアを出したり、作戦をたてるけど、すぐにバレたりするところが面白かったです。特に僕はサンタがソリに乗らないところが不思議で、掃除機の動きがとても面白くて、実写ではできないアニメならではの表現がとてもよかったです。セリフの量が多くて騒がしい感じが子ども審査員の間で評価が分かれたけど僕はテンポが良くて次に何が起きるのか、ワクワクしました。お話の最初から最後まで笑っていました。これを見て、大好きな作品の一つになりました。(畑嶋胡徹くん、I.M さん、鈴木飛雄くん、富樫凜子さん、中村心くん)

ISHIYA賞(特別賞)  ISHIYA Special Award

ぼくのママは飛行機

監督:Yulia Aronova
制作国 :
制作年 :2013

  
授賞理由

暖かな色彩が、親子の情愛を表現したこの作品が選ばれました。

北海道コカ・コーラ賞(特別賞)  Hokkaido Coca-cola Special Award

ようこそぼくです選

監督:姫田 真武
制作国 :
制作年 :2013

  
授賞理由

観る人すべての心を弾ませ、笑顔と幸せを感じさせてくれるこの作品が選ばれました。

ロイズ賞(特別賞)  ROYCE' Special Award

ア ガールズ ベスト フレンド

監督:Clare Carroll
制作国 :
制作年 :2014

  
授賞理由

素朴なタッチと少女と毛虫の友情物語から作者の優しさが伝わってくる作品です。

サッポロビール賞(特別賞)  Sapporo Breweries Special Award

ファイト!

監督:Marc James Roels, Emma De Swaef
制作国 :
制作年 :2013

  
授賞理由

2人が繰り広げるコミカルなファイトシーンに思わず微笑んでしまいます。